AGA治療で処方される薬がどのようにして効果を発揮するのか

よくある副作用としては、性欲の減退や勃起障害、乳房障害など

フィナステリドの場合には�U型に効果がある成分で、デュタステリドは�T型と�U型の両方に効果を発揮します。
5αリダクターゼの働きを止めるというとき、フィナステリドよりもデュタステリドの方が優れた効果を発揮すると言えます。
ただ、誤解してはいけないのがAGAの原因であるDHTの生成を抑えることで著しい効果を発揮するとはいえ、根本の原因が取り除かれたわけではありません。
一時的にDHTが減っても体内にはテストステロンと5αリダクターゼがあるのですから、服用をやめれば再びその2つは結びつきDHTが生成されます。
ですから、ずっと毛量を維持したいのであれば、ずっとタイプの薬を飲み続けなければいけません。
また、DHTからの影響を止められたとしても、人の体というのは年齢とともに衰えます。
なので、いずれは髪の毛が生え変わる力も衰えていくことは避けられません。
それは薬の効き目が薄れたということではなく、自然の摂理です。
あと、薬には良い効果もあれば副作用もあります。
5αリダクターゼ阻害薬には、共通する副作用があるので服用の前に調べておきましょう。
よくある副作用としては、性欲の減退や勃起障害、乳房障害などが挙げられます。
これは、脱毛の原因であるDHTには男性らしい体をつくり性欲を高めるという役割があるので、その量が減れば起きて当然のことです。
副作用について気をつけるべきは、まれに肝機能障害が起きることです。
肝機能障害は悪くすれば命に関わりますからこのタイプの薬を服用するならば医師に様子を見てもらった方が良いです。

#ED治療薬についてFAQ

保険証は必要ないのですか?
保険証は一切必要ありません。
#ED治療薬 は保険適応の薬ではありません。
厚生労働省もそれを認めていませんので、ED治療薬は薬価基準がありません。
そのように保険の効かない薬ですので保険証は必要ないのです。
https://t.co/Z9yCoPRwnD

— 新宿ウエストクリニック 渋谷ウエストクリニック (@shibuyaEDAGA) March 16, 2021

AGAは、発症したら自然治癒することはありません : よくある副作用としては、性欲の減退や勃起障害、乳房障害など : 血管を拡張せるタイプの薬も、副作用が起きることがあります