AGA治療で処方される薬がどのようにして効果を発揮するのか

AGAは、発症したら自然治癒することはありません

薄毛治療AGAクリニックランキング【決定版】|口コミ+費用+治療法で...

AGAは、発症したら自然治癒することはありません : よくある副作用としては、性欲の減退や勃起障害、乳房障害など : 血管を拡張せるタイプの薬も、副作用が起きることがあります

AGAは、発症したら自然治癒することはありません。
しかも、症状が進行してからAGA治療をしたとしても以前ほどの毛量になるのは難しくなります。
ですから薄毛になりつつあると思ったら、症状の進行を食い止めるためにも早急にAGA治療を開始しなければなりません。
そこで医療機関でAGA治療をしてもらうとなったら、薬物療法を基本とします。
処方された薬を内服あるいは外用することで、大量の抜け毛を防いだり発毛を促します。
では、処方される薬が、どのようにして効果を発揮するのかを見ていきましょう。
薬は大きく分けて2つのタイプがあります。
一つは抜け毛が起きるのを防ぐタイプで、フィナステリドやデュタステリドを主成分としています。
もう一つは血流を良くして毛母細胞の働きを活性化するタイプで、ミノキシジルを主成分とします。
最初に抜け毛を防ぐタイプですが、これは強い抜け毛効果を持つDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える薬です。
どうやってDHTの生成を抑えるのかというと、DHTは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素を結びつくことで生まれる仕組みを利用します。
フィナステリドやデュタステリドといった成分は、5αリダクターゼの働きを阻害する力を持っているので、テストステロンはDHTに変化できません。
変化をしないテストステロンは、そのままであれば抜け毛を引き起こすことはありませんから薄毛になるのを防げます。
このタイプの薬で鍵となる5αリダクターゼですが、詳しく見ていくと�T型と�U型があります。
�T型はすべての毛の毛乳頭細胞に、�U型は前頭部や頭頂部など男性ホルモンが強く作用する部分に存在します。